高齢者に関するご相談はひまわりへ | 特定施設入居者生活介護とは

見学・相談

いつでも対応いたします

特定施設入居者生活介護とは

ひまわりの里は、熊本県より特定施設入居者生活介護の指定を受けて、サービス付き高齢者向け住宅に登録されている介護保険施設です。

ここでは、特定施設入居者生活介護とサービス付き高齢者向け住宅についての説明をいたします。

「特定施設入居者生活介護」について

特定施設生活入居者介護は、利用者様が生活される住宅(サービス付き高齢者向け住宅、有料老人ホーム)で提供される介護サービスのことです。

まず、利用者様にどのような介護が必要かを考え、お聞きし、計画を建てます。その上で、日常生活で介護が必要となる場面に、食事・入浴・排泄・移動などの介護サービスを提供します。

介護スタッフが常駐しているので、安心して生活することができます。

「サービス付き高齢者向け住宅」について

サービス付き高齢者向け住宅では、国の定めた基準を満たした、入居者様が生活される住宅のことです。

居室・廊下などの広さや諸々の設備、バリアフリー設計といった条件を満たした住宅であることに加えて、定期的な安否確認や生活相談サービスを提供することなどにより、入居者様が安心して暮らせる環境が整えられています。

詳しくはこちらで解説されています。

»サービス付き高齢者向け住宅 情報提供システム

「特定施設入居者生活介護」を利用するためには

「特定施設入居者生活介護」を利用するためには、介護保険の要介護認定を受けている必要があります。一般に「要介護1」や「要支援2」、「介護度4」などと表現されているものです。

要介護認定を受けている方は、施設との連絡や手続きを代行してくれる「ケアマネージャー(介護支援専門員)」に依頼する流れが、ご利用までの一般的な流れとなります。担当のケアマネージャーがいらっしゃる方はその担当まで、いらっしゃらない方やよくわからない方は、お住まいの役所までお問い合わせください。

ご自分でお申し込みされたい方は、お考え中の施設までお気軽にお問い合わせ下さい。

「サービス付き高齢者向け住宅」を利用するためには

「サービス付き高齢者向け住宅」のご入居には、基本的に要介護認定は必要ありません。

しかし、その住宅独自の基準や併設している介護保険施設によっては入居するための条件がある場合もありますので、詳しくはお考え中の施設へとお問い合わせ下さい。